ペットを飼える賃貸物件での注意

ペット可、賃貸物件について、契約時や退去の際、通常物件との費用の違いや制約、心がまえなどについて

ペットを飼える賃貸物件での注意

ペット可、賃貸物件などの契約時の留意点

ペットを飼っている方、飼いたい方、にとって、ペットと一緒に暮らすということは、部屋にいる時間はとても長いので、ペットと共に暮らす快適な住環境をお望みになるのは当然の事と思いますが、「ペット可」の賃貸マンションなどの場合、契約時や退去の際には色々制約がありますので、十分な注意が必要です。まず、ペットを飼っている状態の契約と、飼っていない状態での契約は別扱いが多いです。

ペット可物件は「ペットを飼うことができる」ということではありますが、ペットを飼うことにより、敷金等や賃料の条件が変わるケースもあり、ほとんどの物件で賃料や敷金・償却が多くなっています。特に猫の場合、傷つけられる範囲が広いのと、臭いが酷いため、原状回復の費用が非常にかさみますので、敷金との相殺などでは間に合わなくなるケースが多いからです。退去時の原状回復費用はペットを飼っていない場合よりはるかにかかってしまいますので、事前にそのことについてはある程度覚悟されていた方がよろしいと思います。また、犬は良くても猫は不可とか、小型犬のチワワなどは良くても大型犬のレトリバーなどはダメなど、ペットの種類・種別・大きさなど、物件によって飼う事が可能か不可か変わります。それらは事前に説明される事ではありますが、管理会社に確認された方がよろしいと思います。