ペットを飼える賃貸物件での注意

ペット可の賃貸物件は、なにを飼うかによって違ってくると思います。気をつけたほうがいい動物を書きます。

ペットを飼える賃貸物件での注意

賃貸で動物を飼う際の注意点

ペットを飼っているかたが引っ越すときはいろいろ考えてしまうと思います。ペット不可の物件も多いので、やっぱり出せる範囲内の家賃で注意深く不動産情報をチェックしていかなければならないと思います。なにを飼っているかにもよると思います。ハムスターや小鳥程度なら、わりとペット不可でも許されるケースが多いのですが、それでも大家さんや不動産会社に事前に伝えておきましょう。後々のトラブルになりかねません。そして、一番注意しなければならないのが、犬や猫よりウサギだそうです。ウサギはとても可愛らしい動物ですし、見ていても和みますよね。

でも、その子の性格にもよると思いますが、放しておくとみんな齧られてしまうという危険性も多分にはらんでいます。知人がマンションでウサギを飼っていたのですが、家具だけならまだしも借りている床や柱を齧ってしまい、少し大変な目にあったことがあるようです。出るときは揉めてしまったとか。放し飼いには十分注意しましょう。ウサギは穴を作って逃げたりするのも上手いですし、フローリングに穴をあけられてしまったら大変です。賃貸ですとペット可物件でもその辺はやはり気をつけなければならないと思います。

お役立ち情報