ペットを飼える賃貸物件での注意

ペット可の賃貸物件は飼うことのできないペットや特別な規定があったりするため注意が必要です。

ペットを飼える賃貸物件での注意

賃貸でのペット可物件の注意点について

賃貸物件の中にはペット可物件というものがあります。ペットを飼っても良いという物件のことですが、具体的にはどのような条件があるのでしょうか。このような物件を借りる際の注意点についていくつか挙げてみました。

ペットといっても様々な種類があります。飼っているペットの種類によっては、たとえペット可物件であっても入居を断られる場合があるので、どのようなペットであれば入居できるのか予め調べておく必要があります。例えばペット可であっても猫は断られることがあります。猫は他の動物に比べると部屋を傷つけることが多いからです。またペット可物件であれば、マンションなどの管理規約にペットに関する規約が定められています。飼ってもよいペットの数やサイズや種類、共用スペースの使い方などが決められているためチェックしておかなければなりません。さらにペットを飼う場合は飼わない場合に比べると、敷金が高くなることもあります。一般的に、飼う場合は敷金が一ヶ月分追加されることが多いようです。これはペットを飼う場合、ペットにより部屋が傷つけられる可能性が高くなるためであるようです。

ペットと一緒に暮らしたいという方は、上記のような注意点に気をつけてペット可物件をお探しください。