ペットを飼える賃貸物件での注意

ぺット可の賃貸物件と言っても動物の種類によってはNGのこともあります。また費用面の確認も不可欠です。

ペットを飼える賃貸物件での注意

ペット可賃貸を借りる時には規約の確認が不可欠

ペットと一口に言っても、一番身近な犬・猫から小鳥、ウサギやモルモットなどそれに爬虫類などその種類はいろいろです。少し前ですと賃貸物件はペットお断りのことがほとんどでしたが、今はペットに対する理解も進んでペットと一緒に住める物件も大分探しやすくなっているようです。しかし、ペット可とうたわれている物件でも全てがOKというわけではないので注意が必要です。1頭は可でも2頭以上は不可、大型犬は不可などというケースがあるからです。また猫はNGという物件もあります。猫は爪とぎの習性があったり臭いがつきやすいことなどから、退去時のリフォームやメンテナンスが大掛かりになってしまうという理由からです。よって、気になる物件があったら何の動物を何頭飼うのかを不動産店に必ず確認しなければなりません。

マンションでは、通常管理規約というものが定められています。ペット可物件ではこの規約の中に飼育規約があり、ペットを飼育するにあたっての規約が定められています。賃貸ではペットの規約については賃貸借の契約書に明記されていることが多いようです。この規約で飼えるペットの種類や共用設備とペットとの関係について詳しく決められているはずなので、契約をする前にしっかりチェックしなくてはなりません。またペット可物件と言っても、ペットを飼うかどうかは入居者の自由です。ペットを飼う人と飼わない人では入居に必要な費用が違うこともあります。これは多くはペットを飼うと敷金が1か月プラスされることによります。敷金は本来は賃料の延滞や通常の使用を超えたことによる部屋の傷みがなければ全額返還される性質のものです。しかし、通常以上の使用で汚損などが発生したケースでは敷引として敷金から修理費用を出すことが認められています。ペットがいると、通常以上の部屋の傷みが予想されるため敷金が高めになっているということです。よって、退去時に必要になる費用についても考えておく必要があると言えます。

お役立ち情報