ペットを飼える賃貸物件での注意

賃貸のペット可物件ではその飼育に関する規約が物件ごとに定められているので、しっかりと契約時に確認しておこう

ペットを飼える賃貸物件での注意

賃貸でのペット飼育は規約も読もう

賃貸物件にてペット可物件はペットを飼うことが可能な物件です。しかしどんなペットでもよいというわけではなく、物件によって許可されているペットが決まっています。そしてその許可されているペットを飼う際にももちろん気をつけることがあります。

マンションには管理規約というものがありますが、ペット可物件ではそれに加えてペットの規約というものが物件ごとに存在しています。基本的に契約時に書類で記載されているのを見ることがあり、そこに定められています。そこにはペットの種類や数、大きさに対しての規定も書かれており、何よりペット可物件ということでそうした賃貸物件には共同で使える設備があることが多いです。その設備に関する利用に関しても規約で定められています。賃貸物件は自分だけが住むのではなく他の住民も住む場所です。ペットの不始末は飼い主の責任なので規約を守って周りに迷惑をかけないように飼育していく必要があります。そしてそのためにももちろん規約はしっかりと確認をしておきましょう。そうでないと後々ペットに関してトラブルになった時に不利になるのは自分です。前途したように規約は書類に書かれているので、賃貸物件の規約と共にペットの規約を見ておきましょう。

お役立ち情報