ペットを飼える賃貸物件での注意

ペット可物件は通常の賃貸物件と比べると敷金が高く設定されているので、その辺の費用も考えて契約をしよう

ペットを飼える賃貸物件での注意

賃貸のペット可物件は敷金に注意

賃貸の物件に住むのなら敷金のことを考えなくてはいけません。敷金とはその物件の住人が担保として家の主に預けておくお金のことです。家賃が滞納されたり、部屋が破損したりするための保証として使われます。そしてこの敷金は部屋から退去する際にもし滞納がなかったり、部屋も破損があまりなかったら全額返金されるということになっています。といっても、その部屋の破損具合によっても全額ではなく一部返還されるという事態になることもあります。

そして賃貸物件でもペット可物件はその敷金が高く設定されていることが多いです。というのもペットを飼うということはそのペットの行動による部屋の破損による危険性が高いということです、なのでそのリスクを踏まえてペット可物件では敷金を高くしているというわけです。なのでペット可物件を選ぶのならその敷金のことも考えて契約する必要があります。基本的に通常の賃貸物件よりもペット可物件は費用がかかると思っていいことですので、もしペットを飼うことしようとしないのならペット可物件を選ぶのは費用面のことを考えるとやめた方がいいでしょう。そして承知で選ぶのならその分の費用の覚悟はしておきどれくらいになるかの確認はしておきましょう。

お役立ち情報