ペットを飼える賃貸物件での注意

賃貸のペット可物件では自分と他人のペットによるトラブルもある可能性があるので、そうした用心はしておこう

ペットを飼える賃貸物件での注意

賃貸のペット可物件に住むのなら他のペットにも気を配ろう

賃貸のペット可物件はペット可ということなので、ペットを飼うのは自分だけではなく他の物件に住んでいる住民も飼っているということになります。しかしそのような環境だからこそ他人のペットにも用心しておく必要があります。

特に幅広くペットの許可がされている物件は注意する必要があります。というのも自分の飼っているペットによっては他人のペットに危害を加えたり、また逆に他人のペットに危害を加えられたりすることがあるからです。例として鳥と魚といったペットを飼えるとしましょう。鳥は魚を食べます。ということでその鳥がたまたま窓が開いていたりしてそこから侵入して他人が飼っていた魚に危害を加えるということが起きないとは限りません。また逆に自分が魚を飼っていて、他人の鳥が入ってきて危害を加えられたということがないとも限らないのです。特に勝手に外に出るというのは危険性が高いことなので、ペットを飼う際にはしっかりと戸締りの用心はしておきましょう。後は自分が入居してきた時に既に住民が住んでいる場合には折角なので他の住民にあってどのようなペットを飼っているか見させてもらうのも手です。それによって自分が飼うペットとの相性を考えて対策ができることでしょうから。しかし賃貸物件によってはペット可の記載が曖昧なのでとんでもないペットを飼ってしまっているということがあります。場合によっては脱走することで自分のペットだけでなく自分自体にも危険が及ぶことがあるので、ペット可物件を選ぶ時にはそうしたしっかりと規定が定められているところがいいかもしれません。

お役立ち情報