ペットを飼える賃貸物件での注意

ペットも家族の一員ですよね。その可愛い家族といつまでも賃貸ルームで快適に暮らすために色々気を付けたいものです。

ペットを飼える賃貸物件での注意

賃貸ペット可物件で注意する事とは

最近はペット可の物件を多く見かけるようになりました。ペット可とは言っても賃貸の場合、犬は小型犬のみだったり、犬のみオッケーで猫は駄目だったり、頭数が制限されていたり様々です。また賃貸中に頭数が増えた場合など後で分かった場合、問題になったりするので気を付ける必要があると思います。ペット可物件の場合、入居の際も敷金が通常よりも高めに設定されているケースが多いですが敷金は高めに設定されている方が退去の際の負担が軽減されて良いと思います。猫の場合柱を引掻いたりするのでペット可でも猫を飼育する場合は特に敷金が多い方が無難なように感じますね。

ペット可の物件を選ぶ際には隣人の方への気配りも必要になってきます。犬だったら鳴き声だったり、猫だったら完全室内飼いにしないと隣の方に迷惑をかけかねないです。以前私はペット可のアパートで猫を室内飼いしていましたが、洗濯物を干している間に猫がベランダを伝って隣に入ってしまい隣の方より注意を受けた事がありました。隣の方は犬を飼っていたのですが猫は大嫌いとの事でした。賃貸でペット可物件を契約する際には不動産より注意事項を聞くと思いますがペットと長く快適に暮らす為にも注意事項はちゃんと守るようにしたいですね。

お役立ち情報