ペットを飼える賃貸物件での注意

ペットを飼っても良い賃貸では、ペットによる傷や臭いなどでのダメージが敷金に影響する点には注意です。

ペットを飼える賃貸物件での注意

ペットによるダメージと賃貸の敷金

ペットを飼っても良い賃貸物件でも、敷金が発生することになります。しばしば敷金は、ペットを飼う上ではポイントになります。なぜならばペットによる物件に対する色々なダメージなどが考えられ、それが敷金に関係してくるからです。

ダメージとしては、2つ考えられます。まず1つ目は傷です。物件に対して傷が付いてしまうと、敷金からは引かれてしまうものです。ところで動物の中には、爪などが鋭いものなどもあります。猫などは爪が比較的鋭いと思いますが。その猫が壁を引っかいてしまいますと、もちろん傷が付いてしまいます。ですので猫が壁を傷付けないように気をつけなければなりません。もう1つは臭いです。ペットの中には、臭いが強い動物もいるものです。臭いは、部屋にしみ付いてしまうことがよく有ります。ところで賃貸物件から退去する時に、その臭いが強く残ってしまっている場合があります。そのような時には、ハウスクリーニングのための修繕費が高くなってしまうことがあるわけです。そのためペットを細かく洗ってあげることなども重要と言えます。つまりペットを飼っても良い賃貸では、ペットによる傷や臭いなどによって敷金から引かれてしまう可能性があるわけです。居住の際には、そのようにならないように注意が必要と言えます。

お役立ち情報