ペットを飼える賃貸物件での注意

ペットは家族の一員でありペット可の賃貸物件も増えていますが、他の入居者への気遣いはいつでも忘れてはなりません。

ペットを飼える賃貸物件での注意

ペット可の賃貸物件入居の心構え

ペットのいる生活は大変安らぎますし、ペットは家族の一員です。ペットがいるからと賃貸物件に済むことを諦めている人も少なくありませんが、最近ではペット可の物件も増えてきています。ペット可の物件を見つけたら、物件情報にペット可と書かれていても自分の飼っている動物の種類や大きさなどを不動産店さんに伝えて確認をとると安心です。ペット可と書かれていても、一緒に入居が可能な動物の種類や大きさが限定されているケースもあるからです。そしていよいよペットと一緒に入居できることが決まったら、集合住宅に住むにあたりいろいろと準備をしたり心構えが必要です。

まず一番に忘れてはならないことは、ペット可の賃貸物件とは言っても動物嫌いな人も住んでいるかもしれないということです。犬が怖いという人や、猫の声が嫌いという人もいることをふまえて入居者また飼い主としてのマナーを守らなければなりません。マンションなどですと建物内には専有部分と共用部分があります。たとえば犬を散歩に連れ出す時など、共用部を通って外に出るわけですが、大きめの犬ならエレベーターではなく階段を使ったり小型犬でもキャリーバッグを使うなどの配慮は飼い主として最低限のマナーです。また臭いや声の対策も必要です。ペットの体をいつも清潔にして衛生を心がけることや、トイレのしつけも完全に済ませておく必要があります。無駄吠えをしないようにするには、生後間もなく、1〜3か月頃のしつけが一番効果的です。