ペットを飼える賃貸物件での注意

ペット可賃貸に入居するにあたっては、犬であれば無駄吠え、猫なら爪とぎやトイレのしつけが最低限必要です。

ペットを飼える賃貸物件での注意

ペット可の賃貸物権に入居する前に必要なしつけ

ペットはとてもかわいいものですが、ただ単にかわいがるだけが飼い主の責任ではありません。ペットと一緒に入居できる物件が見つかったら、他の入居者に迷惑をかけないためにしておかなければならないことがたくさんあります。そのひとつに、一緒に暮らすペットのしつけがあります。他の入居者との間に発生するトラブルで一番多いのが騒音です。よって、犬の場合でしたら無駄に吠えないようにするしつけが一番大切になります。また猫は本来夜行性の動物なので、夜に外に出ようとしたり鳴き声をあげる可能性があります。騒音トラブルにならないしつけが大切なポイントです。

犬も猫も、しつけは小さい頃に行うほどうまくいきます。一般的に最適だとされているしつけの時期は、犬も猫も生後3週間から12週間頃です。この頃に犬の無駄吠えを防ぐしつけに成功すればペット可賃貸に入居してからのトラブルの原因がずいぶん減るのです。猫は夜に外に出たがって騒がしくすることがありますので、部屋の中で存分に体を動かしたり遊ぶことができる環境も整えてあげなければなりません。それに猫は爪とぎをする習性があり、柱を壁などを傷めてしまうと退去時に敷金がらみの大きなトラブルにもなりかねませんので爪とぎの場所を徹底するしつけも大切です。

お役立ち情報