ペットを飼える賃貸物件での注意

ペット可の賃貸マンションが急増していますが、入居後に飼育に関する規約の運用でトラブル発生を防ぐ注意が必要です。

ペットを飼える賃貸物件での注意

飼育規約運用でトラブル発生防止が必要なペット可賃貸マンション

近年は独居や少人数世帯が増えて、小動物との癒しの生活を求める人が増えたせいか、賃貸マンションにもペット可物件が急増しています。しかしながら、多くの賃貸マンションが管理規約やその細則で飼育に関する概要としてペットの種類、頭数やサイズあるいは共用設備の利用方法を決めているだけですから、実際に入居後に動物の臭いや汚れを嫌う入居者との間でトラブルの発生していることが多いのです。やはり、事細かに規制すると、それが原因で入居を見合わせる顧客のいることも確かでしょうから、賃貸料収入の減少を受けたくないことが根底にあるのでしょう。

従って、ペット可の賃貸物件といえども賃貸借契約時にできるだけ具体的に確認することが必要ですが、最も周囲の居住者とのトラブルになりやすいマンション共用設備の利用方法とペットの鳴き声で迷惑をかけないことが重要です。更に、入居時の注意点としてはペット飼育により室内を汚されたり、壊されたりして賃借人の退去時に原状回復に費用発生が予想されるので、ペットを飼わない人と比べて敷金を高めに設定していることも考えられます。賃借人の故意や過失がなければ敷金は戻される仕組みですが、どの程度まで許容されるかは通常の使用方法がどの程度なのか、賃貸人の判断するところです。従って、賃貸借契約で最もトラブルの起こりやすい事項だということを知っておくことです。なお、退去時に返還される可能性があるお金だとしても、入居当初に費用として用意する必要があります。