ペットを飼える賃貸物件での注意

ペット可賃貸に契約する時には、通常の物件に比べて家賃や敷金、保険などで出費がかさむものです。

ペットを飼える賃貸物件での注意

ペット可賃貸契約にかかる費用について考える

最近はペット可の賃貸物件が増えてきています。以前ですとペットがいるから賃貸は無理、ということが多かったのですが今はペットと一緒に引越しできる物件が探しやすい時代です。物件探しのためのポータルサイトや不動産会社の運営するホームページでもペット可の物件を検索でき、希望のエリア別に絞込みなどもできて便利です。このペット可物件ですが、普通の物件を契約する場合に比べて費用が多くかかります。まず、ペット可物件は賃料が高めに設定されている傾向があり、新しい物件ほどこの傾向は顕著で、2割前後割高になっているのが一般的です。

また賃貸契約を締結する時には、家賃とは別に敷金・礼金が必要になるのが一般的です。このうち敷金というのは万が一家賃を滞納してしまった時に備えて家主さんに預けておくお金で、いわゆる保証金のような性質のお金です。また退去する時に経年による劣化を超えたダメージが室内に与えられていた場合に、この敷金からクリーニング代やメンテナンスの費用を出すことにもなっています。この敷金は家賃の何か月分という形で設定されています。一般的には家賃の2か月分に設定されている物件が多いのですが、ペット可物件ですとこれが1か月多くなり3か月分の敷金とされている物件が多くなっています。これは、ペットのトイレや爪とぎなどによる汚れや傷のためのメンテナンス費用がかさむことが予想されるためです。また、通常の物件ですと入居時に加入しなければならない保険は火災保険だけですが、ペット保険への加入指定があるとその保険料も負担しなければなりません。

お役立ち情報