ペットを飼える賃貸物件での注意

飼うペットの種類によっては賃貸入居に制限があることもあるので、飼う動物の種類や数を伝えて再確認が必要です。

ペットを飼える賃貸物件での注意

ペット可賃貸を探す時には条件を再確認

最近はペット可の物件もたくさんあるので、ペットがいるからと賃貸住宅は諦めなければならないということは以前より少なくなりました。しかし、どんなペットを飼うかによって部屋を選ぶ基準は変わってきますし、ペット可とはされていてもペットの種類によっては入居が断られてしまうことがあるので何の動物を何頭飼うのかを契約前に必ず伝えて確認することが必要です。例えばペットが犬の場合ですと犬の大きさが基準になることもあります。小型犬〜中型犬は可でも大型犬となると不可といった場合も考えられます。それに犬を飼うとなると毎日散歩が日課になりますから外に出るまでの間に他の入居者に迷惑がかからないかどうか、階段があるかどうかなどもチェックしなければなりません。

また飼うペットが猫の場合、室内のみペット可なのか、室外にも出すことができるのかを確認しておかなければなりません。猫を室外にも出すと排泄物などが原因で他の入居者との間のトラブルの原因になる可能性もありますし、交通安全対策もたいせつなポイントです。それに犬にしろ猫にしろ室内の環境例えば日当たりの良さなどが動物の飼育環境にあっていなければ室内飼育自体が難しくなってしまいます。さらに、爬虫類をペットとして飼うのがブームになっていますが、爬虫類を飼う時も種類および頭数を必ず伝えなければなりません。許可がないと飼育できない爬虫類もいますし、爬虫類に関しては逃げたり棄てたりといったことが問題になることもありますので特にマナーを守って飼わなければなりません。