ペットを飼える賃貸物件での注意

この記事では賃貸におけるペット可能物件の注意点について説明します。無法地帯ではない、注意すべき点は?

ペットを飼える賃貸物件での注意

賃貸でのペット可能物件の注意点

賃貸でペット可能物件に住む場合、いくつか注意すべき点があります。まず、飼って良い動物の種類。そして数です。例えば猫のみ可能で二匹まで。という物件もあれば、犬のみで小型犬に限る。という物件もあります。前者は吠える声の騒音を避けたがっている。そして後者は爪研ぎによる柱などの損傷を避けたがっている。という具合でしょうか。その辺りはオーナーさんの考え方次第と言った方が良いかもしれません。また、小動物のみ可能。という場合もありますので、よく確認しましょう。

実際に住んでみると、意外と注意点が多い事に気づきます。例えば私の知り合いに猫のみ可能。二匹まで。という賃貸アパートに住んでいる人がいます。このアパートでは屋外で猫に餌をやってはいけない。という規約がありました。その代わり、家の中は自由に歩かせています。また、あるマンションに住んでいた知人は、ウサギを飼っていましたが、動物を飼いたい人は敷金にいくらか上乗せして契約する必要がありました。つまり物件によっては、ペットを飼うことでプラスアルファの費用が発生する可能性もあるという事です。その辺りをきちんと踏まえて、動物を飼う事を検討した方が良いでしょう。

お役立ち情報