ペットを飼える賃貸物件での注意

大切なペットを賃貸物件で飼う時の注意点や知っておいた方が良いこと。それによって快適な生活が迎えられるということ

ペットを飼える賃貸物件での注意

ペット可の賃貸物件での注意点について

賃貸物件を借りるときに、ペットと住みたいならもちろん、ペット可の賃貸物件を探す必要があります。その時にペット可と表記されているからといって、なんでも飼えれるというわけではありません。契約を交わすときにしっかりと確認をする点とすれば、ペットの種類や大きさ、頭数も確認した方が良いです。物件によっては大型なペットは駄目だったり、1頭のみしか飼えなかったりします。そして、実際に契約を結び入居をする時にはペットの習性や性格をきちんと理解した上で飼わなければなりません。何故なら、仮に夜鳴きが多いペットのようなら、夜鳴きをしないようにしつけは必要ですし、隣、上下の部屋の住民にもあらかじめ説明がある方がトラブル回避には効果的だからです。入居してトラブルが起きてから、ご近所を回るよりも前もって挨拶はしておきましょう。

そして、ペットと共に暮らしていると、部屋の中はもちろん、そのペットの臭いが付いてしまいます。臭いだけではなく、引っ掻き傷なども付く可能性が高いです。それらによって、生活をしている間はさほど気にしないでしょうが、退去時には必ずと言っても過言ではないほど修繕費が請求されます。請求額は物件にもよりますが、2〜30万円と言われています。傷の場合はその部分だけだったりもしますが、臭いは部屋中の壁紙を替えたりしなけれぱいけないので敷金を支払っていても余分に払わなければいけなかったりするので、注意が必要です。入居時に退去時に発生する資金なども把握すると退去時に対応しやすいと思います。

今の時代、ペットも大切な家族の一員と言われますが、そう思うのであれば尚更、飼い主としてのモラルと賃貸物件を借りる上での契約内容を理解して隣、上下はもちろんのことご近所の住民とも円満に気持ち良くペットと生活をしたいものですね。