ペットを飼える賃貸物件での注意

ペット可の賃貸マンションを借りて、新しく犬を飼育する場合にはその犬種の情報をしっかりと調べて下さいね。

ペットを飼える賃貸物件での注意

賃貸とペットの大きさについてです。

ペットは大切な家族の一員でありますが、共存する事は並大抵の事ではありません。例えば犬の身の回りの世話や愛情を注いで上げなければなりません。ペットを簡単に捨ててしまう人もいますが、やはり生涯面倒を見る覚悟が必要です。さて、ペットを手放す事を余儀なくられる原因のひとつに賃貸物件の話があります。ペット不可であるマンションなどでペットを飼育していれば退去となる訳でありますが、ペット可のマンションでも注意が必要です。例えば、子犬の頃は物凄く小さくて適応範囲だったとしても成犬になると人間並みの大きさになる犬種もいます。そのような場合、契約違反となりトラブルが発生する可能性もあります。

事前に犬種について大家や不動産にしっかりと説明する必要がありますよね。よく聞かれるのが「思ってたより大きくなった」という話です。その犬が雑種などの場合ならばわかりますが、購入したペットに対してそれは少々矛盾だと言えます。ペットショップなどでは事前にその犬種の説明もされるでしょうし、ネットから情報を集める事もできる筈です。なので、しっかりと犬を購入する際には、その犬の性質及び成犬になった際の全長なども把握するようにしましょうね。ただ可愛いかったから・・・それではいけませんよね。